前橋CLクリニック
トップページ 診療案内 料金表 予約お問合せ 予約お問合せ




若返りのホルモン補充
生命の鍵を握るホルモン
ホルモンの作用について
最先端光治療
スーパーフォトセラピー
リフティング・小顔
当クリニックお勧め化粧品
当クリニック
お勧めサプリメント

化粧品専用ダイヤル


ホルモンについて:自然のホルモン

療機関で使用されるホルモンは通常、製薬会社が合成したものです。 しかしヒトに必要なホルモンは本来体内にあります。自然の食品などから取り込まれたタンパク質、 ミネラル、脂質、糖質などをもとに体内で合成されるホルモンです。同じヒトのホルモンでも、 ほんのわずかな構造式の側鎖の変化だけで、まったくちがった働きをします。はたしてヒト以外のホルモンが人体に補充されたらどうなるのでしょうか。

たとえばプレマリンという更年期障害の治療に使用されるホルモンです。これは馬の尿から抽出されたホルモンを含みます。 もちろん人体の中で働くのですが、馬という異種のホルモンを使用した場合、体の思わぬ ところに深刻な影響を及ぼす可能性もあるのです。 更年期障害にだけでなく止血剤としても使用されるプレマリンは、血管性病変を多く持つ現代人が使用する機会も多いので、使用には注意が必要でしょう。 この種のホルモンは、自然のホルモンとはいいがたいものです。

最近インターネット上では、ホルモン治療ができると謳った薬や食品などの情報が氾濫しているようです。 しかしその多くは信憑性を欠いたものです。なかにはHGHと表示されているのに、経口剤になっているものまであります。 HGHはタンパクホルモンですから、インシュリンと同様に注射でしか補充できません。知識がないと偽物に手を出すことにもなりかねません。 ホルモンは、強いものでは一兆分の数グラムでも効果を発揮します。適量を超えれば恐ろしい副作用に見舞われるのですから、 知識もなく面白半分でホルモンを使用することは絶対に避けるべきでしょう。

不自然なホルモンの使用は、本来体内で微妙なバランスを保っているホルモンの自力産生能力を混乱させてしまうのです。 スポーツ選手のタンパク同化ホルモンの乱用による肝機能障害や肝臓ガンなども一例です。 とはいえ、ホルモンはヒトが生きるうえで欠かせないものなのです。しかも年とともに分泌量が減ってしまいます。 その点をよく理解して正しくホルモンと付き合えば、すばらしい人生が約束されるはずです。

更年期障害の女性にエストロゲン単剤の処方がされる場合、エストラジオールのみの製剤であることが多いようです。 繰り返しになりますが、本来エストロゲンはエストラジオール、エストロン、エストリオールの三種が明らかな生理活性を持っています。 エストラジオールは過剰投与されると、乳がんの危険性が増すことが知られています。 エストロゲン製剤のなかにはエストラジオール単剤のもの、異種のエストロゲン製剤のように、生理的な状態を破壊し、 他の合併症を誘発するものも多く存在するのです。

自然な形でのホルモンとはエストリオールが八〇パーセント、エストロン、エストラジオールがそれぞれ一〇パーセント含まれているものです。 エストラジオールは、発ガン性の問題や強力な女性ホルモン作用のせいで、少々使用しづらいのが現状です。 一方エストリオールは乳ガン発生の危険もなく使いやすい製剤と考えられます。

ヒト遺伝子の解析が進行したことで、遺伝子組み換えにより自然なホルモンの生産が可能になりました。 たとえばHGHは、遺伝子組み換えで大腸菌などから生成してつくられます。完全にヒトの体内のものと同じ構造をしているので、 自然なホルモンということができます。自然なホルモンが生理的濃度で人の体内に存在するかぎりは、副作用を生じることはないでしょう。 

遺伝子操作でつくられた、まったくヒトの体内に存在するのと同様の自然なホルモンを、 合成物であるからという理由で危険だと考える医師がいます。自然の生物から取り出したホルモンだけが自然だというわけです。 ホルモンの微妙なバランスを無視しても一番効果 の強いホルモンだけを投与して、 一番効果のはっきりする治療が最良だと信じている医師もいます。これらの考え方が錯綜して、 今までホルモン補充療法を混乱させてきました。懐疑的な論が後をたたないのもそのためだと思われます。

本書で紹介するホルモン補充療法は、あくまでも生理的な量 に限り使用し、肝機能障害や、生体内の本来のホルモンの分泌を止めてしまう量 は使用しないことが前提です。

野生のやむ芋のようにエストロゲンの元になる物質が含まれている食物が、更年期に利く自然食品として販売されている場合もあります。 しかし食品はあくまで食品であって、生体内に入った場合、エストロゲンの合成経路に乗ってエストロゲンになるかどうかは、 疑わしいといわざるを得ないでしよう。

生体内には、コレステロールなどホルモン合成の基質はたくさん存在します。しかしその合成経路のすべての酵素活性は、 その合成経路にある他のホルモンや合成酵素の働き、ポジティブあるいはネガティブフィードバック機構で制御されているわけです。 ですからホルモン補充を行う場合、それぞれのホルモン測定を行うことが必要であるとともに、 たとえ一つの酵素反応で作成されるホルモンであっても上位 、下位それぞれのホルモンを、注意深く補充する必要が生じるのです。 

ホルモン補充が、好ましくないホルモンの生合成を促進する場合があります。たとえばテストステロンを補充すると、 ジヒドロテストステロンが5αレダクターゼによって生成されるのです。ジヒドロテストステロンは前立腺ガンの危険性を増すのです。 しかしさいわいサプリメントとしてノコギリヤシのエキスが、5αレダクターゼ活性を抑制することがわかっています。 これによって前立腺ガンの発生を予防することができます。

ようするにホルモン合成に必要な自然な栄養素だけを取り入れても、体がそれをうまく利用するとは限らないのです。 先のやむ芋やハーブ、大豆などにも自然のホルモン様物質が含まれています。ハーブなどを薬のように使用することも可能ですが、 やはり使用法を十分熟知した上でないと、体内のホルモンバランスが崩れてしまいます。 すべてのホルモンはお互いに制御しあいながら体の機能を維持しているわけで、一つのホルモンを過剰に補充していいわけはないのです。



<<#11 環境ホルモンによる老化目次へ戻る#13 自然の栄養素>>


※無断転用・転載は固く禁じます。

前橋CLクリニック 前橋市下小出町2-42-1 E-mail ●maebashi@cl-clinic.co.jp
当サイトに掲載している内容はすべて前橋CLクリニックが著作権を有します。無断転載引用は固くお断りいたします。

メディラックスヤフー店